.

ノートPCの画面の前に座り上下している相場をご覧になっているとどことなくエントリーをしなければならないという欲求に追い立てられる場面も少なくないと思います。だがしかし、不明瞭な感覚でエントリーするのだけは決してしてはいけません。確かに、マーケットは昼夜を問わずどういう時でもどこかの国でマーケットが変動しているし為替レートも常に、上がったり下がったりします。しかし、立て続けにトレードをしているとそれだけで損失を被る危険性が高くなります。当たり前ですが、注文の数を積み重ねる事で、トータルで儲けられる確率が50%、50%になるのは周知の通りです。しかしこの事は「ぼんやりとしたインスピレーションで売り買い」してしまうこととは別の問題です。売り買いの回数を積むということは「ここがチャンス」と思える機会を得られた場面での売買回数を重ねるという意味です。何となく、ひっきりなしに注文を重ねるのとははっきりと異なります。外国為替相場の勝負に敗北しないためには己で意識的にけじめをつけることこそが肝心です。「ここがチャンス」と思い至った為替相場の時にはいっそのこと所有ポジションを増やして、利益を追求します。「明らかに難しい市場でどう変化するのか思いつかないな」と思った時は、観念して持っているポジションをすべて閉じて何もしない。これくらいのメリハリをつける方が最終的には売り買いはうまくいきます。相場の格言には「休むも相場」というものがあります。本当に言葉どおりです。為替とは、いつでもポジションを所持する事が肝心な事ではなく、どの売買ポジションも持たずにじっと待っている事も場合によっては必要です。じゃあ、どういった時に、休むといいのでしょうか。第1に考えられるのが、先述した通り、現在の外国為替市場が難しいときです。高くなるのか安くなるのか決める事が出来ない時はヘタに動くと、自身で作ったストーリーとは逆に相場が向ってしまい、損をする事になります。こんな状況ではポジションを無くしてそのまま静観しているのが最良の方法です。もうひとつの場面は、自分自身のコンディションがよくない時です。体の状態と外国為替市場に何の影響も与えないと思う人もいますが実際には大きく関係があります。コンディションが悪い時はマーケットのミスできない場面で、冷静な判断ができなくなります。関心がわかない時は取引から離れてみるのも大切な事です。