.

為替介入(外国為替市場介入)というのはご存知でしょうか?日銀が外国為替平衡操作(為替介入)をして新聞、雑誌、テレビ番組、ネットなどの記事でご覧になった人も多いでしょう。元より為替介入(外国為替市場介入)というのは日本の場合、財務大臣が為替の安定化を実現できるように行なう戦略と使われています。簡潔に言えば、極端な円高、円安が起こると財務大臣の命令により中央銀行である日銀が円を売り買いすることで為替の相場の安定化を狙うといったものです。為替介入にはやり方が何通りかあるのです。1.単独介入・・・行政機関または日銀が東京での市場で自らが市場に参加し為替介入(外国為替市場介入)をする。2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合い各銀行などが資産を出して一緒あるいは時々為替介入を実行する。3.委託介入・・・国外の通貨当局に向けて介入をお願いする。4.逆委託介入・・・日銀が国外の銀行などに成り代わって為替介入を行なう。このように種類があります。どの方法の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的に、連続的に為替のレートに多大な効果を与えることになります。介入の資金はさすが国のプライドをかけているのですから桁違いです。円を基本に例えると、通常は少しだけ変動している為替レートが突然数円ごとの動きをします。個人投資家の方なら一度くらいは体験したと推測できますが、今までは問題なく含み資産(あるいは含み損)が多くなっている持ち高を持ち続けていたところで、持続している保有高が決済となりましたと通達が外国為替の会社からメールが届き・・・どれほど利益が出たのかな(赤字になったのか)?と思いつつ決済された情報を確認したら自身が推測していたものとはまったく逆の内容になり目を丸くしたといった例がよくありました。為替介入が実施された場合に起こりがちなです。このように外国為替平衡操作(為替介入)が実行されると為替市場の流れと逆の動向をするのです。加えて変動する金額の幅は非常に大幅に変動しますので注意が必要なのです。