.

「スプレッド」とはFX取引は通貨をトレードして利ざやを生む取引です。売買の価格は常時上がったり下がったりします。これがレートです。ニュースサイトを見ていると、通貨の情報が流れます。たとえば、「本日のドル相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。これは80円50銭から80円52銭の間で売買されているという事を表しているのではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを提示しています。つまり、売買には買値と売値の値段があります。売値、買値ではなくビット、アスクと表示している業者も存在しています。売値が小さくなっています。現実に買うときには高く、売るときには安くなるものです。その差額をスプレッドといい、FX業者の稼ぎの一部になっています。スプレッドの広さはFX業者によって変わります。スプレッドの広さは自分にとってコストになるので小さい取引会社をセレクトしたほうが有益です。ただし、同じ取引会社でも場面によってスプレッドの幅は変動します。例としていつもは円とドルのペアでわずか1銭のスプレッドでも為替相場の上下がとても激しいときには3銭、4銭になったりするのです。そのため、スプレッドが狭いのと同じくらい変化しないのが重要です。今では動かないスプレッドの差を見せる取引会社もたくさんあります。現実に取引会社の売買画面上でリアルなマーケットを確認しなければ判別できないのでやっかいですがとても重要なことです。重要なお金を預けて売買するのだから、現実のトレードの前に、心惹かれた会社の口座開設を全てして、表示されているスプレッドの幅を確認しましょう。同じ通貨の組合せその瞬間の外国為替市場の条件によってスプレッドの狭さは変わることがあります。おおむね、インターバンク相場で取引高が多い通貨ペアではスプレッド幅が小さく、それ以外の外貨ではスプレッドの幅が大きくなるのが普通です。