.

通常のFX取引のテキストでは、「差損が生じた場合はナンピンをすることによって全体の価格を抑える事ができる」等記述されている事もありますが実際にはここには相当の引っ掛けが隠れています。ビフィーナ

まずは、ナンピンのロジックに関してとても簡単に説明しておきます。美容

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。http://darinaclown.blogspot.jp/

$買いですので、円安ドル高になればなるほど利益を得られますが、思っていたのとは逆に1ドル=95円まで円高ドル安方向に触れたとします。秘密の通学電車

この状況でポジションを持ち続けたらマイナスをなくすためには、5円分、円安ドル高が進まなければならない。亜麻仁油 アトピー

損失は出来るだけ早く回復したいと願うでしょう。施工後トラブル 保障 賠償保険

この状況を打破するためはじめに売買したのと同じ分の$(ドル)を1ドルを95円で買います。ラポマイン購入体験してみました

そうすると、ポジション全体の平均の単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

言い換えると、半分の幅でドル高に進めば損失を失くすことが出来ます。

こういったことがナンピン買いの理屈です。

こういうふうに、ナンピンの手法を理解すると「まちがいない」と考えるが、相場はそう易々と思うようにはいきません。

初めから、1ドル=95円が下限だとということなど誰も分かるわけがありません。

たとえば、相場が強い円高トレンドだとすると1ドル95円では下げ止まることなく、ドル安にいく確率は高いです。

97.50円でナンピン買いをしたにもかかわらず1ドル95円まで円高ドル安になっとしたならば、ナンピン買いしたポジションにも損失が生じることになってしまうのである。

こういう状態では初めに買ったドルとトータルで二重の損が生まれる事になります。

このように、ナンピン買いは難しいのだ。

それでは、市場が自分自身の脚本とは逆にすぐに向う場合どのような術で危機を避ければいいのでしょうか。

そこで選ぶべき選択肢は2つ。

ひとつめは覚悟を決めて、ポジションを閉じる事です。

もうひとりはその時に、自分が所有している買いポジションを減らす事でもう一回相場が回復するのを黙って待ち望むことです。

受動的な方法だと思う投資家もいるkもしれません。

だが、自分が所有している買いポジションにマイナスが出た場合最も正しい対策はこれ以外にはないです。

確かに、考え方としてはナンピンをしてみる術もあるように思える。

だけどナンピン買いはあなた自身がマイナスになっている状態でポジションを無くすどころかそれとは反対にポジションを積んでいく対策です。

この手法では、リスクを制御することなど、どう頑張っても無謀だと考えたほうがいいです。

ナンピンをし続ければいつかは勝てるかもしれません。

けれども、それ以前に資金が不足してしまいます。