.

実際にノートパソコンのディスプレイの前で絶えず上下している為替レートを見ていると売り買いをしたいという感情が沸き起こる場面も多いと思います。多汗症

でも、なんとなく直感で取引するのは断じてしてはいけません。わきが

知っての通り、市場は四六時中、いかなる時でもどこかで外国為替市場は開かれているし為替相場も休みなく、変動しています。コンブチャ デトックス

そうであっても、立て続けに売買を積んでいくとそれだけで損失が生じる危険が高くなってしまいます。 運転代行

確かにトレードの回数を重ねることによって、だんだんと勝利する確率が50%、50%になります。キミエホワイト 口コミ

でも「ぼんやりとした思いつきで取引」とは別の話です。ロスミンローヤル 口コミ

注文回数を積み重ねる意味というのは自ずから「ここで勝負」と思える確信を得られたケースでの売り買いの回数を増やすという事を意味します。プラスデオ 口コミ

何となく、ひっきりなしにエントリーを積み重ねるのとは大きく異なります。喪服のレンタル 京都

外国為替市場の勝負に立ち向かうためには自ら主体的に緩急をつけることが不可欠です。ロナウド腹筋アイテム

「ここはいける」とよく考えたマーケットの時には覚悟を決めて持っているポジションを多くして思い切り利益を狙います。

「ちょっと分からない為替相場で、どう推移するのか予想できないな」と思ったならば思い切って保持ポジションをひとつ残らず閉じて何もせず静観します。

このくらいのメリハリがあったほうか、最後には取引は勝利します。

市場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当にその通りです。

取引とは、休みなく売買ポジションを保有する事が大切ではなく、どれも持たずに何もしないことも状況によってはFXです。

じゃあ、どういう時に休むといいのでしょうか。

ひとつめは、前述したように、これから先の外国為替相場が具体的に難しいときです。

そこからどうなるのか決断できない時は分からないまま行動すると、自分で思った物語とは反対の方向に相場が変動してしまい、損失を被ることになる。

こうした状況ではポジションを減らしてそのまま何もぜずに様子を見ているのがいいだろう。

第2に、体の状態がすぐれない時です。

体の調子とマーケットに関係性はないと感じる方もいるでしょうが実は思いのほかつながりがあります。

体の具合があまりよくなければ相場の大少な場面で、必要な決定が難しくなります。

興味がわかない時は市場から距離を置くことも重要な事です。