.

自己破産手続きを実行すると家族や同僚に気付かれてしまうのではないか…と心細く思っている債務者の方もぜひ安心して頂きたいのですが破産の手続きを行ってしまっても公的な機関から上司に書類がいくことはあり得ないので、通常においては露見してしまうということはないでしょう。仕事 辞めたい アフィリエイト

またごく一般的な場合、自己破産による債務整理の申請が済んだ後ならば、金融会社から自分の同僚に請求の手紙が送られるようなことはないと言えます。

一方で、債務整理の申立てを公的な機関に対して行ってしまうまでの間ならば金融会社から自分の上司に電話がかかることがないとも限りませんのでそこから秘密が明らかになってしまうといった不幸なことが考えられますし、月々の給料の押収を実行されてしまうと当然会社に発覚するという事態になってしまうことは避けられません。

このような可能性がどうしても頭をよぎるのであれば司法書士あるいは弁護士などの専門家に自己破産申立の依頼をするという解決法を考慮してみるのがいいでしょう。

司法書士あるいは弁護士などの専門家に頼んでみる場合まず全部の貸し手に受任通知を知らせる書類が送付されますがこういった書類が届けられた後は債権を持つ会社が借金を持つ人本人に向けてじかに返済の督促を返済の催促を行うことは禁じられていますので会社の同僚にばれるということもまずないと言えます。

また自己破産の手続きが原因で今の職場をやめなければならなくなってしまうのか?という不安にお応えしますと公的な戸籍・住民票に明記されるという事態はまったくありませんから、通常だとすれば会社の同僚に秘密がばれてしまうようなことはありません。

例え、破産の手続きをしたことが勤め先に知られてしまったとしても自己破産の申立てを理由に職場からクビにするということは不可能ですし辞職するといったことも全然ないと言えるのです。

それでも、自己破産手続きが会社の上司に発覚してしまうことで、会社に居づらくなってしまい辞職してしまうということがあるというのも本当です。

没収に関しては強制執行等の規則を定める民事執行法では差押禁止債権として賃金や給料といったものについて規定しており、このような財産に関しては25%しか回収を認めてはいないのです。

つまり、これを除く75%を押収を行うことは不可能なのです。

また民事執行法の範疇で、標準的な一個人の最低ラインの費用を設定して政令として目安となる額(三三万円)決めているため、それを下回るケースは1月4日にあたる金額だけしか強制執行されないように制定されています。

ですから、借りた人がそれ以上の月収をもらっているならば、それより上の分を仮押えるのが可能です。

ただ破産法の改定によって借金返済に対する免責許可の申立てがあり返済するための財産がないときに認められる同時破産廃止決定といったものが決まり、破産処理の完了がされていれば、免責が決定し、確実になるまでの間は破産を希望する人の家財に対して強制執行、仮押え、仮処分の適用が実行出来なくなりこれより前に行われたものについても止められるようになりました。

加えて、返済の免責が決定ないしは確定された時には時間的にさかのぼってされていた仮処分などは実効性をなくします。