.

クルマに乗るあなたでしたら承知しているものですが自動車税なるものが課税されます。

それで自動車税は手放すクルマ買い取り時に当たり前に返還される税金なのです。

このことは実際、やってみたらすぐ覚えられますがこれから頭から順を追って簡単に案内します。

説明をさせて頂けば国内で作られている自動車のみに限らず海外の車などでも税金が戻ってくる対象になります。

当然ですが車についてもそうです。

クルマを持っている人が支払う税なのですがこの金額は車の排気量の大小によって決められています。

1リッターより小さいならば29500円で1リッターから1.5リッター以下の場合34500円です。

これからは500cc刻みで5000円増えます。

そしてこれは4月1日現在のの所有者が来年3月までの自動車税を納める事になっています。

事前納付になるということですから当然車を買取してもらって、所有権がなくなった場合などは先に払った分の金額は返還されるのです。

この自動車税というのは先払いで以後一年分の全額を支払いますから、年度内に自動車を売った場合には、買い取った所有者がお金を負担するということになります。

買取先が専門店ならば、売却した際に自分が前払いしている分の税金を返還してくれます。

まとめると所有権が移転された際より後の自動車税は権利が移った所有権を持った人が納付義務を負います。

もしも10月のうちにクルマを売却したなら、11月から来年3月中までの税金は還付されます。

というのは前も述べた通り自動車税の場合は一年分を先払いしているということによるものです。

ということは前所有者は買取先に払いすぎたお金を返してもらうということになります。

個人的に車を手放すときに、意外とこのような事実に気付かない人がいますのできちんと確かめるようにしましょう。

自動車税が自動車を手放すと返金されるという事実をあまり知られていない事を利用してその事実を説明しない悪徳業者もあるのです。

こちら側から返金についての話をしなければ、完全に税金のことに説明しないという場面もたびたび見受けられます。

ですので車の買い取りを依頼する際には払いすぎたお金が戻ってくるかどうかの確認を忘れないようにする必要があります。