.

「スプレッド」とは外為取引は外貨を売買して収益を生み出す投資です。

取引の値は、四六時中変動しています。

これが為替レートです。

ラジオを聞いていると、マーケットの情報が流れます。

例としてあげると、「現在のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で取引されているという訳ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭、であることを言い表しています。

要するに、売り買いには買値と売値の価格が存在します。

売値、買値の事を別の言い方で表示している業者もあったりします。

買値よりも売値が安くなっています。

自分が買うときには高く、売るときには安くなるものです。

この差額をスプレッドといいFX会社の収入のひとつとされています。

スプレッド幅は会社によって異なります。

スプレッド幅はみなさんにとって手数料になるので、小さいFX業者を選択するほうが有益です。

ただ、同じ取引会社でも場面によってスプレッドは拡大したり、縮小したりします。

仮に通常はドルと円のペアで1銭のスプレッドの広さだとしても、市場の変動がとても激しい状態では1銭よりも大きくなったりする場面があります。

そのため、スプレッドの広さが狭いのと、安定しているということが重要です。

最近では決まったスプレッドの広さを示す取引業者もいろいろあったりします。

現実にFX取引会社のトレード画面の中でリアルな市場を確認しなければ見分けられないのでわずらわしいですが大事な事です。

大切なお金を預けて取引しますので、現実の売り買いの前に関心がある取引会社の新規取引口座開設を全てして表示されているスプレッドの差を確認しましょう。

同じ通貨のペアでも、その時点の市場の状況によって、スプレッドの狭さは異なります。

通常、インターバンク相場で取引量の多い通貨ではスプレッドの広さが小さく残りの外貨ではスプレッドの幅が拡大する事がよくあります。